家族全員で英語に取り組む。英語を学ぶ理由はサバイバル。超安上がりの幼児英語教育はこうする!

英語できない生徒の特徴

幼稚園、保育園、小学生のママさんこんにちは! リエです。

英語のできるお子さんに育てたくないですか?

私は昔中高生に勉強を教えていました。

英語のできない生徒を 数多く指導してきた経験からいくつかお話させて下さい。

まだ小さいお子さんをお持ちの親御さんにはお子さんを 英語のできない子にしないためにご一読ください。

この記事は英語ができない中高生の親御さんのために書いた文ではありませんので、読んでもメリットはありません。

英語が丸っきりできないお子さんの特徴は国語力のなさ

よく英語は英単語さえ覚えれば問題ないという話を聞きますが、それは国語力がしっかりしている人の発言です。

英語ができない子は国語力がないにも関わらずその国語に頼って英語と接しようとします。

でも良く考えてみれば頼れるのは自分の拙い国語力だけです。

それが唯一の武器であるので気の毒ではあります。

先が曲がっているライフル銃で、撃つと自分にあたるような武器です。

英語をそのまま日本語の順番に当てはめようとします。

ですから疑問文も必ず主語ではじめようとします。日本語の語順と英語の語順が違うことを理解できません。いつまでたっても頑なに日本語の順番で英文を作ろうとします。

例えばあなたは昨日学校へ行きましたか?という文は You yesterday school go? といいます。

接続しのwhenなどは日本語順であてはめるととんでもない訳になるのに平気で間違った訳をします。

例えば教科書にはlike~で~を好むとか書いてあるわけですが、この~が語順を理解する上でとても大切なのですが、「~」の部分に全く注目していません。

英語に限らず勉強の苦手なお子さんはこのような記号や( )の中身は読まなくても良いと勝手に考えています。

英単語の読み間違いが多発。でもその間違いに気付かない。

ちょっと似ているとすぐ間違えます。three と treeとか。 そして文脈上おかしくてもそのまま平気で意味不明な日本語訳をします。

英語自体が意味不明なので意味不明な日本語のほうがまだまし、といった 感覚なのでしょう。

品詞の理解が定着しない

英語を学ぶ際に最低限、動詞、名詞、形容詞、副詞は理解しておく必要が ありますが、これらをどれだけ教えても頭に入りません。

品詞が理解できない脳に仕上がっていますので他言語の習得には大変な障害となります。

これは単語を覚えるときの障害にもなります。

例えばunderstandを「理解する」ではなく「理解」と名詞で覚えたりします。 動詞と名詞の区別がつかないと文章の意味を正しく理解できるわけがありません。

このように単語を品詞で分けられないので覚えた単語も適切に使えないのです。

以上の特徴をもったお子さんは英語はさておき他の教科も国語力のなさが 足をひっぱりさっぱりな感じです。

そんな子いるのか?と思われる方もいらっしゃると思いますが、 大勢います。

それでも塾に来る家庭ですから、それすら選択しないご家庭 のお子さんでもっと酷い学力の子供達もいます。

中学3年生にもなってここまで英語力、国語力がないともう勉強で勝負すべきではありません。手に職をつけるなど勉強ができなくてもあまり関係のない分野で戦っていくほうがよいです。このように育ってしまった子に勉強を強いてお金をかけても無意味だと思います。

勉強できるに越したことはありませんが、嫌いでできないのならいくらでも他の道があります。

学力の二極化。ますます落ちていく国力

二極化

各家庭の先の見えない不透明感から、希望が持てなかったり、経済力が弱かったりで、裕福層はそうでもありませんが、 中間層の学力が落ち込んでいる感じを受けます。

ゲームの浸透やユーチューブ動画なども作用して主体的にものを考えず 貴重な時間を無意味なことで垂れ流す子供が増えているように思います。

上下ともに学力は戦後以来ずっとなだらかに下降しているのですが、 下位のそうの下がりっぷりは底抜けです。 そんななか・・・

2020年に小学3年生から英語教育が開始される

英語教育改革実施計画を文部科学省が発表し、2020年からは英語の授業が 小学校3年生から開始されます。

ゆとり教育が終わり教科書やワークの厚みも中学生は以前より厚くなりました。

小学校の英語教育推進に反対の人の意見は、国語もままならない時期に外国語を 取り入れることへの危惧です。

学力上位層は小学校から英会話をやっていますから、授業はつまらないものに 感じるでしょうし、下位層にはちんぷんかんぷん。

中間層が下位層に転落 しつつあるなかでどれだけの生徒がこの取り組みの恩恵を受け取ることが できるでしょうか。それでも国が早期英語教育に舵を切る理由はなんでしょう。

なぜ英語力が必要になってくるのか。聞きたくない恐ろしい事実

英語不安

グローバルな社会で活躍できるために!

めちゃめちゃ聞こえはいいですが、ほんとうにそうでしょうか。

このトピックに触れる前にこれまでの英語教育を振り返ってみましょう。

これまでの「書く」中心の英語教育は一体なんであったのか

学校の教科としての英語はこれまでは間違いなく優秀な人物を発掘するための ツールとして活用されていたと思います。

英語という学問を勉強して難しい文でも読解できる知性があれば一流とみなされる。

頭脳を測る装置としての英語。他の教科と同様です。

使えるための英語教育では全くありません。これは今までは別に悪いこと ではありませんでした。

使えるための古文や漢文がないのと同じです。

そのような視点でみれば読み書きさえできればどの教科も社会に出てから 直接役立つものなんて非常に少ないです。

でもだからといって 勉強が必要ないなんてことは勉強嫌いの子供以外は言いません。

ですからこれまでの英語教育が悪かったなどとは思っていません。 でも、これまでの英語は話せなくてもお金になったということだと 思うのです。

資料を英語で読めれば商社で働けた。英会話ができなくても 学校で英語を教えられる。

これからの英語はそんな次元ではないのです。

コンビニの外国人店員のレベルが高い

コンビニ店員

私は常々どうせアルバイトするなら出会いがあったりスキルが身に付くことをしなさい。

お金のためだけに何のスキルも身に付かないコンビニでバイトすることは やめなさい。

と生徒に言ってきました。 人手不足が深刻でどこのコンビニもアルバイト募集しています。

首都圏だけではなく地方都市でも外国人の店員が急増しています。

彼らの日本語能力は高く、バックヤードに店長がいるのかもしれませんが、一人で任されている方もいらっしゃいます。

そのうえ彼らの接客態度が大変よかったりします。日本人の茶髪の 兄ちゃんよりもずっと良かったりします。

人手不足が解消したとしても変な日本人を雇うより接客態度の良い外国人を雇おうと考えるコンビニオーナーもでてくるかもしれません。

最近のコンビニは税金や各種の振り込みに対応していたり、ATMがあったり色々な申し込みができたり、FAXできたりと様々なサービスに店員は対応しないといけませんが、働いている外国人の方々はそれらをきちんとこなしています。

私が受け持っていた底辺の学力の生徒たちがそれらを卒なくこなせるとはちょっと考えられません。日本語が話せても日本語が母国語ではない外国人に能力で負けてしまっているのです。

その上無人レジや無人コンビニが追い討ちをかけてきます。

外国人やロボットに職を奪われる時代に突入しているのです。

職を求めて海外に出ざるを得ない状況がすぐ先まで来ている

海外出稼ぎ

国内で仕事が見つけられなければ海外にいかないといけません。

優秀な人は先進国に行くかもしれませんが、国内の競争に敗れた人は 賃金は安いけれど物価もまた安い国に
逃げなければいけません。

少し前は日本の若者で中国のコールセンターで働く方もいました。

コールセンターは中国にありますが、日本のお客様からの苦情などを受けるので日本語で仕事をします。

現地採用なので給料は安いですが、物価も安いのでなんとか生活できるとのことでした。現在は中国も物価が上がっているので同様に生活できなくなっていると推察します。

タイやその他の東南アジアで現地採用を求める人の数も増えています。

生き残るために英語を学ぶ。

海外で日本人がサバイブできるために 英語を学ばなければいけない危機的な状況に国も重い腰を上げた。という見方もできるのではないでしょうか。

すくなくともそういう機会を国民に与えたのだからあとは自己責任で お願いしますよ!という責任逃れだ!と思っているほうが、転ばぬ先の杖的におとくな考え方だと。

企業でも副業OKなところが増えています。足りない分は自分でなんとかしてくれということですね。

人や企業に頼らず自分の能力でなんとかしなくてはいけない時代にシフトしてきているのです。

喜んで海外移住するのではなく、仕方なく海外移住しなければならなくなる可能性もあるのです。そのような危機に陥った時、英語という語学力があるのとないのでは大違いです。

一つの言語をある程度習得できれば移住先の言語も習得しやすいものです。

語学力は家庭で養成される

手探りでやっている国の方針に頼ったり任せたりするわけにはいけません。

国語力が貧弱な子供の家庭では一家団欒が極端にすくないか、 親御さんの語彙力が限定されている場合が多いです。

●家族みんなで低脳なバラエティー番組を見ながらご飯を食べる家。

●ニュース番組を見ながら子供とニュースの意見を言い合う家。

●食事中はテレビをつけず今日あった家族の出来事を話し合う家。

●家族全員が食事中にスマホを弄っている家。

食事の風景も様々ですが、毎度の食事で国語力に差がついてくるのは 自明の理ですね。

ですが英語を家庭で使っている方がどれだけいらっしゃるでしょうか。

これからの日本の未来を否定的に考えると、親も子供ももっと英語と真剣に向き合う必要がでてきます。

子供は親の背中を見て育ちます。親自身が学んでいる姿勢を子供達に見せ付けることによって子供の学ぶ意欲も劇的にアップします。

ほんの片言でもいいので家庭生活で英語を取り入れていきましょう。

お子さんが小さければ小さいほどすんなりそういった取り組みに順応 しますし、そのようにして親しんだ英語が将来苦手科目になろう はずがありません。

「こんな時は英語ではこういえばいいんだ!」と家族のそれぞれが 調べた単語や用例は家族共有のノートを
準備して取り組むとよいでしょう。

誰が頑張っているかも一目瞭然ですし、もちろん親が率先して 手本を見せてやらねばなりません。

英会話の教材でしたらネイティブイングリッシュがなかなかよい教材です。家族全員で 使い倒すのでしたらコスパも優れています。

しかし子供をメインにやるのであればもっと良い教材があります。下に書きますね。

あれこれ教材を渡り歩くのではなく一つの教材をCDが擦り切れる勢いで使い倒すのが一番です。CDは擦り切れませんが(笑)

塾や英会話教室に高いお月謝を払って丸投げするよりも家族全員で 英語に取り組んだほうが、親が本気で学ぼうとする場合効果的ですし、家族全員の英会話力がアップし皆が幸せになれると思います。

家族で力を合わせて英語を学習しよう!

子供の英語

私を英語好きにさせた幼児期の体験

私は他の教科はあまりできませんでしたが、英語は割りと得意でした。そのきっかけは今思い返せばたった一つのことでした。

それは小学校にあがる前に母親が買ってくれた子供用のCDとテキストでした。楽しげな音楽に合わせて発音された英語のカルタをとるようなものも付属されていました。

はじめは母が一緒にやってくれていたのですが、そのうち私と弟の二人でも聞いたり遊んだりするようになりました。

しかし子供の熱中はすぐ醒めてしまうので、何ヶ月も何ヶ月も飽きずに聞いていた記憶はありません。

その後英会話教室に行ったわけでもありません。

しかし中学に入学して初めて本格的に習う英語という教科が大好きになったのはこのようなちっぽけな経験が根っこにあったのだと今では確信しています。

幼児期の楽しく学んだ記憶というものは後々まで忘れず持ち続けるのでしょうね。

とにかく早い段階ではじめるのが語学拾得には大切です。

そのためには楽しく学べる工夫のある英語教材を探す必要もでてきます。

上で紹介したネイティブイングリッシュは家族全員で学べるものです。

しかし大人である私達は今更英語はもう良いので、子供に楽しく学ばせたい!というのでしたらこの教材が素晴らしいです。

子供をバイリンガルに育てる【ハッピーイングリッシュ】

テキストのかわいらしさ。そして特筆すべきことはリズムとチャンクを使って体で覚えさせようとする手法です。

小さいうちにこのような方法で英語を学ぶと正しい発音やリズム、イントネーションが確実に身につきます。

来る次期センター試験にも威力を必ずや発揮することでしょう。今は2024年まで延期されてしまいましたが。

どのみちテストの為の英語を学ぶのではなく生き残りをかけた英語を学ばなければなりません。

一式CDが14枚とテキストが7冊ついてきて29800円。

月謝も払わないでアルファベットから文法的には中学3年生まで進みます。

これほど専門性が高く中3までカバーしている子供英語教材はなかなかありません。

子供をバイリンガルに育てる【ハッピーイングリッシュ】

ECCジュニアなどは教材費だけで年間2万円ほど、そして月謝は6000円~。年に10万円弱かかります。

可能な限り小さい時期からハッピーイングリッシュの教材で耳を慣らしまくってお遊びグループレッスンではなく、もっと良質の塾に後で通わせる方が経済的にも学力的にも得策です。

ハッピーイングリッシュで英語が大好きになってくれさえすれば英会話スクールや英語の塾に通わせる必要すらないかもしれません。

英語のCDかけっぱなしの環境は家庭でしかできない

私は本当はピアノを習いたかったのですが、習わせてはもらえませんでした。

まずもって高価なピアノを購入しなければいけなかったことが実家の経済的理由であったことは大人になった今なら十分理解できますし、ピアノを習わせてもらえなかったことを恨んだり勿論していません。

ピアニストになんてなれる才能があったわけでは絶対にありませんし。

でも上質で子供の英語力を上げるために練られたCDを四六時中かけておくことはそんなに難しいことではないのに効果抜群です。

ピアノやスイミングを習わせなかったことを子供に罵られる日はあまりこないと思いますが、英語の環境を整えてやらなかったことはいつか恨まれる日が来る可能性が今後の社会では十分あり得ます。

大学入試のセンター試験が2020年1月で廃止されます(2024年に延期)

マーク式だけではなく記述式にもなり、思考力や表現力を問うような問題になるようです。

英語においては2006年からリスニングテストが導入されましたが、2021年以降からはそれにスピーキングも追加され、読む、書く、聞く話すの四項目でテストされる方向なのだそうです。

政府が推し進める「自分の力で国に頼らず生きてくれ!」政策が着々と進行中といったところでしょうか。

2024年に延期と今まさに大問題となっており教育関係者から非難轟々でありますが、もうどこの大学をでたかということよりどんな能力を持っているかが重要になってきています。

政府の右往左往に子供を巻き込んではいけません。英会話やプログラミングは家庭で個別に注力していかないといけません。

最悪家族で国外脱出ということも念頭に置いて英語学習に本腰を入れることが必要な時代になってしまいました。

 子供をバイリンガルに育てる【ハッピーイングリッシュ】