水道水をそのまま使うタイプのシャインウォーターはどんなウォーターサーバーか

シャインウォーターウチムラ.jpg

写真のように水道水をボトルに流し込んで使うタイプの ウォーターサーバーを九州のウチムラという会社が出しています。

1990年代の後半から浄水器を製造販売しているメーカーさんです。

浄水器は水道の蛇口に直接つけておくような簡易タイプのものは結構売れているようですが、ウォーターサーバーが普及するにつれて 大型の浄水器は売れなくなっている傾向にあるようです。

浄水器は買取りなので壊れたらどうしようもないですよね。

ウォーターサーバーのサーバーはレンタルなので壊れたら新しいものを交換してもらえます。

とりあえずシャインウォーターはデザインが悪すぎるので浄水器タイプなら次に紹介するウォータースタンドをお勧めします。

水道直結タイプのウォータースタンドはウォーターサーバーではなく浄水器

ウォータースタンド浄水器
 

上の画像はウォータースタンドシリーズの中のナノピアネオ
という商品です。

ウォータースタンド 

水道と直結させて水をフィルターで浄化するのでウォーターサーバーではなく浄水器となっています。

ウォーターサーバーとはお水をボトルやビニールパックなどの交換式のものからサーバーへと水を入れてお水を飲む装置です ☕

ですから水道水とは基本違います。業者さんが定期的に水を宅配してくれます。

期日時間指定できるメーカーさんがほとんどですが、なかには日中家にいなくて、お水を受け取るにも苦労されるかたもいらっしゃいます💣

宅配が煩わしかったり水の量を気にせず使いたいなら浄水器もあり

ウォーターサーバーの場合は月に使う量に応じてボトルやビニールバッグの量を決めます。

ですから、冬場はあまりのまなかったり、夏場は反対に大量に飲んだりして、いまいち飲む水の量が安定しなかったりします💡

もちろん健康のためには一日なるべく決まった量のお水を体内に摂取できるとよいのですけれど。(1.5Lから2Lほど)

その点、水道直結型の浄水器ですと、水道代はかかりますが、飲む量や料理に使う量など全く気にすることなしにじゃんじゃんお水を使うことができます💕

ウォーターサーバーのお水でお米を研いだり、食器を洗うような方はなかなかいないと思います。

仮にお金持ちであったとしても、そのような使い方をしたらボトルがすぐなくなってしまい、ボトルセットや注文が面倒です。

でも浄水器のお水なら使い放題ですので、毎日の米炊きにも大活躍します。ふっくら炊けておいしいそうです。

また、外の植物にはさすがに水道水を使うしかないですが、室内の観葉植物には塩素なしのお水を与えたいですね。

水道水だと汲み置きした方がよいみたいですが、それも毎回だと面倒です。

ボトルでの月ノルマがないとちょっと贅沢なお水の使い方ができてしまいますね。

ウォータースタンド

家庭用の浄水器とは異なる三種類のフィルターが特徴

三種類の水フィルター

オレンジ色のフィルターで水道水の沈殿物やさびなど比較的大きなものを除去します。

水道管の老朽化は先進国では深刻で日本も例外ではありません。腐蝕した水道管から有害物質がでています。

そういったものをこの最初のフィルターでカットします。

次の水色のフィルターではナノレベルでバクテリアなどを除去します。頼もしい👊

そして緑色のフィルターは残留塩素などの臭いを消すためのの特殊フィルターになっています。水のおいしさにかかわってくるフィルターです。

家庭に入ってくるまではやはり塩素は消毒のために必要不可欠なものです。

無事消毒されて届いたら、すぐに飲むのでもはや塩素はいりませんよね。

このように特性の違う三種類のフィルターを使って、天然水ではもちろんありませんが、水道水を綺麗に、そして美味しくすることができるのです。

このように蛇口につけるタイプの浄水器とは比較にならない高性能な
浄水器です。実際にろ過後のテスト結果を見てみましょう。

残留塩素、クロロホルム(トリハロメタンの一種)、溶解性鉛など計12項目のチェックにおいて全て検出せずと圧倒的ろ過力を誇っています。

水道水にはこんなにも多くの種類の悪い物質がはいっているのですね。

役割の違う3つものフィルターを使うからこその浄水パワーです。

ウォータースタンド

気になるのはフィルターの交換時期とフィルターのお値段


浄水器のフィルターやカートリッジって結構お高いです。

簡易ポット型浄水器で有名なブリタのカードリッジは1日3.5Lしか使わなくても2ヶ月で交換時期が来て、まとめ買いで安く買っても1カートリッジ1000円とかになってしまいます。

簡易型でないちゃんとした浄水器のフィルターならもっと高いです。

アムウェイの浄水器だとフィルターカートリッジが2万円もします!

ウォータースタンドの場合はなんとフィルターは無料で交換してくれます。普通に使うと6ヶ月ほどもつようです。

スタイリッシュでデザインもなかなか良くおしゃれです!

ウォータースタンド商品ラインナップ

広告塔は女優の国仲涼子さん。沖縄出身の方ですね。美しい沖縄の海としっかりもののイメージがよくあっているように思います。

ウォーターサーバーではないのでコンパクトなものが多く、デザインもなかなか優秀で高級感もあります。

ボトルをセットしないで済むとこんな大きさでキッチンのどこに置いてもそんなに邪魔になりませんね。

ウォータースタンドの注意点

ウォーターサーバー注意点

しつこいようですが、ウォータースタンドはウォーターサーバーではなく浄水器です。

ですから、水道に近いところにしか設置できません。キッチンに限定されてしまいます。

水道から5m以内が推奨とされています。

30m離れていても大丈夫なタイプもあるとのことですが、配線が気になりますし、ウォーターサーバーのように寝室に置きたいというようなことは考えないほうがよさそうです。

寝室へは500mlのペットボトルで十分ではないでしょうか。ウォータースタンドのお水を汲めが解決です。

ウォーターサーバーもほとんどの方はキッチンに設置すると思いますから、そんなにも気にすることではなさそうですが。

ウォータースタンド

お値段は長期レンタルだと月3500円

これに電気代が500円ほどと、水道代は使った分だけプラスされます。日本は水道料金はそんなに高くありません。

一人暮らしでもそんなにお金がかかるイメージではありませんが、お徳感をだしたいなら大家族だとメリットがある感じです。

それぞれのご家庭の事情やライフスタイルに合わせて選ばれるのが吉ですね💓

ウォータースタンドエリア拡大中!!

関東1都6県だけで展開していたウォータースタンドですが、人気でエリア超拡大中でございます。

東北は宮城県と山形県が大丈夫です。

中部地方は静岡県、愛知県、山梨県、岐阜県の50%以上の地域で申し込み可能。

近畿地方は大阪、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県の70%以上をカバーしています。ちなみに大阪は100%。

中国地方は広島県で90%カバー。四国は愛媛県の95%。

九州地方は福岡県、佐賀県、大分県が100%カバー。長崎県は70%となっています。

沖縄は少し少ないですが40%です。

全国展開を徐々に進めているウォータースタンド。

水の量を気にしたくない浄水器派の方には存在感が大きくなっています。

浄水器といえばクリンスイ

浄水器と言って真っ先に思い浮かぶのは三菱レイヨンのクリンスイです。

クリーンと水をかけての名前なのですね。(Cleansui) 水道直結型のこのタイプ。

 

900L使ったらカートリッジを交換しないといけません。

だいたい3ヶ月くらいが交換の目安となります。

一年は交換しないでいられると面倒ではなくてよいのですが。

1970年代に合成繊維メーカーである三菱レイヨンが中空糸膜というフィルターを使って家庭用の浄水器のさきがけとなるものを 売り出しました。

三菱レイヨンは2017年の4月に社名が三菱ケミカルに変更に なるそうです。

シャインウォーターの口コミや評判

九州を中心として全国展開されているようですが、私の住んでいる地域 のスーパーでの実演販売等は見たことがありませんし名前も全く 浸透していません。

宅配水のようにボトルをセットしなくていいし、ボトルの持ち運びも 不要とアピールされていますが、一番上の画像のお姉さんをみてみますと どうもボトル自体が本体から外せないようですね。

水を本体に入れるのがわずらわしいという意見がありました。

満タンにするのに何往復もしないといけないかもしれません。

それはそれで運動量が増え、ダイエットになるかも! とポジティブ前向きに考えられる人にはいいです。

もしくはバケツやポリタンクで運べば一発ですね!

でもそれらの収納場所を考えると、、、ですわ。

月々のレンタル料金は3000円ですが・・・

カートリッジ1本で500mlのペットボトル480本と ホームページに書いてあります。

つまり240Lの消費で カートリッジを交換しないといけません。

カートリッジ交換の目安は3ヶ月に1回だそうで、 キャンペーン中に購入されたかたは1本4500円のカートリッジが 永久に無料となります。

これは定着するかもしれませんが、しない場合は月あたり1500円の 追加ということで月額4500円で水道水の浄化と考えた場合 天然水のあるウォーターサーバーの方が魅力的に思えてなりません。

3000円でもあまりお得な感じがしないです。

サーバーのデザインとカラーリングも究極的にダサいですし・・・

カートリッジ永久無料、月1500円で浄水器本体も返還しなくて いいならば欲しいです。

あの病院チックなブルーとピンクを 真っ白に自分で塗りたいです。 このタイプの浄水器はよっぽど既存のウォーターサーバーと差別化しないと厳しそうですね。

というわけでシャインウォーターの魅力はあまりお伝えできずに 今回のお話を終えたいと思います。

ありがとうございました♪

ウォーターサーバー比較トップページ