学校に行かないことは本当に異常なことなのか。不登校について考える

不登校

こんにちは。リエです。 うちの子供二人は学校になんとか行ってくれていますが、 二人のクラスにも学校に来ていない生徒さんは何人かいるみたいです。

今日は不登校がそれほど悪いものなのか考えて みたいと思います。

不登校の人数は1000人あたり14.5人!?

文部科学省が2017年10月26日に発表したデータです。

文科省の不登校の定義は病気や経済的理由を除いての年間 30日以上の欠席となっています。 28年度が過去最高人数であったとのことです。 (1000人当たりでみると) 不登校数推移

文科省から借りてきた平成3年から平成13年までの不登校者数 の推移グラフです。

6万人台から13万人台へと倍増しています。 平成28年度は13万4000人ほど。

1981年から小中学生の人数は減り続けていますから 28年度と平成13年度が4000人ほどしか減っていないのは 少子化の流れと反比例しています。

私が担当した一昔前の不登校の生徒さんの特徴

私がまだ教育業界にいた10年くらい前の印象です。

教室での指導ではなく個別指導にあたったケースです。

学校の人間関係に悩んでいた生徒さんが多くいました。私の見ていた生徒さんたちは中学生がほとんどで小学生の 方はいらっしゃいませんでした。

中学生という時期は本当にどうでもいい会話で盛り上がったり、 異性の話やテレビのバラエティー番組について言い合ったり するものです。

ですが言ってみればそのような幼稚な趣味に合わせるのが 辛いといった生徒さんがいました。

また正義感が強く、同級生をからかったり、いじめに同調するのが 嫌で苦しんでいる子もいました。

全員が全員では勿論ないのですが、嫌な周りの風潮に合わせられず 困惑している生徒さんが一定数いました。

考え方も大人で、学校へ行ってなく勉強も手についていない ので、成績的には落ちこぼれていましたが、指導すると 理解力が非常に高いので、学校にいってさえいれば 進学校に入学できたのにと思ってしまう生徒さんが いました。

もうひとつのタイプは無気力タイプです。

ゲームには熱中でき、学校の友達はいなくてもネットで 誰かと繋がっているタイプ。

家では寝たいときに寝て、起きたい時に起き、 食べたいときに食べ、家族との交流も遮断し、昼夜逆転の生活を送ります。

ご家族にとって地獄のようなこの状況をなんとか 打破しようと教育産業に依頼されるのですが、 指導にならず途中で解約というケースに必ずなって しまいます。

カウンセリングが必要なので依頼する業者を間違えています。 家庭環境が複雑だったり、既に家庭が破綻していたりもします。 このタイプの生徒さんに対して私がとやかく言えることも 知識も持ち合わせていません。

学校に行けというのはかえって逆効果になる

ですが、真面目さと正直さ故に学校生活が合わなかった生徒さんは総じて高校入学と同時に問題なく通えて卒業 というケースが非常に多かったです。

性格はおとなしく、人を傷つけるようなこともせず大変 優しい子達だったので問題ないと経験上思っていました。

親御さんはなんとか学校に行ってもらいたい一心でしたけど 私はそのような生徒さんたちには別に中学なんかいかなくて いいよ。

高校からリフレッシュで通えるように学力を つけておこう!といって指導していました。

お父さんお母さんには学校行かなくていいって言われたこと 言わないでね。と口止めしていました。 親も私も一緒になって学校行け!といっていたらスムーズに 事は運ばなかったと思います。

学校に行けと言わなかった事で本人さんとの信頼関係も 深まりました。

この前なんの番組かは忘れてしまったのですが、不登校を克服したお父様と息子さんが出演なさっていました。

息子さんは何とかしないといけないと思いながらも ゲームに逃げる日々。

お父様は小言を言いたくなるのを 必死に押さえて息子さんを見守っていました。そうやって長い時間が過ぎ、息子さんが自分で興味のあるものを 見つけ勉学に励むようになり復活したというお話でした。

印象深かったことは、息子さんが、お父さんが何か言いたそうに にしていたのにこらえて言わなかったことをちゃんと 知っていたことです。

子供を信じて何もうるさいことを言わず待ってくれた父に 感謝していたようです。

頭では子供もちゃんと理解していることを偉そうに上から 物を言われても子供は発狂するばかりです。

でもそれをやるなと言われてもやってしまうのがほとんどの 親だと思うのです。私も含めて。

本当に親って大変だなあと思う反面、学校に行けていない子供は 子供でまさに地獄の中で生きているのです。

不登校経験のある親御さんはそんなにいないでしょうから、 わが子の気持ちも分かりにくいと思います。

ですが、これまで子育てしてきて、わが子は賢いし自分で 考えられる、と確信できるお子さんに対しては、高校から頑張ればいいから中学の勉強だけは家庭で きちんとやっていこうね!っていえたらいいですね。

学校に行かなくても無理なく学力を上げられる教材。

そもそも学校教育はもはや不必要になりつつある

かつてはお国のための優秀な兵士を養成するため、近年に於いては経済を支えるための優秀なサラリーマンを育てるために行われているのが学校教育です。

勉強できるというのは指示に従うことができる能力、と換言できます。親や先生の言うことを従順に聞き、やれと言われたことはしっかりやり、やるなと言われたことはやらない。

勉強できない子は問題をよく読まないし指示を守れない子です。

外国語は一台に何十言語も入っている翻訳機の進歩で学ぶ必要が薄れていますし、インターネットにアクセスすればすぐ知れる社会などの情報は頭にインプットしておくと効率が悪いかもしれません。

脳を鍛えるという目的においては英国数理社の五教科は役に立ちます。しかし、この古い手法は時代遅れになりつつあります。

知識としての詰め込み暗記はもはや不必要といっても過言ではありません。

よりはやい時期に自分の適性を見つけてその道の勉強に特化したほうが成功しやすいです。

今ですとプログラミングやAI関係の分野です。

そのような分野ですと、パソコンがあれば事足りるので地方にいても東京の職場環境で働ける可能性も充分あります。

ですから不登校も考えようによってはいち早く古い教育メソッドから解放されたとも言えます。

だからといって引きこもって一日中ネットやゲームをしていたら全く意味がありません。

会社に属さなくてもユーチューブで動画を作って広告収入を得たり、アフィリエイトで広告収入を稼ぐという方法もあります。

分野のヒントは与えて、学校に行かなくてもどんなことなら興味があって熱中できるかということを考えさせ、行動に移させることができるのなら学校に行かないことが不幸どころか幸福の入り口にすらなります。