おしゃれなウォーターサーバー苦情・比較・大検討2

女性の美容健康子育ての総合お役立ち情報

水の汚いところで発症するコレラ菌の恐怖とその爆発力

   

地図で見る世界のコレラ発生地域

地図は世界保健機構(WHO)からのもので、2007年から2009年と
ちょっと古いですが、コレラが発生した地域です。

黒丸は旅行者がコレラの病原菌を持ち帰ったことを示しています。
コレラ発生はアフリカ、インド、東南アジアに集中しています。

南北アメリカ大陸にはほとんどありません。

もうすこし新しいものです。2010年から2013年に発生した
ところがオレンジに、そして2014年のものは赤色に塗られて
います。

両方の地図を比べて見ますとやはりコレラはインドで猛威を
振るっている事がわかりますね。

インド全土まんべんなくコレラで汚染されている感じですね。
近年の経済発展は目を見張るものがありますが、「不衛生」
というイメージは払拭できません。

2014年にインドのモディ首相はクリーンインディア政策
なるものを打ち立てて、野外でトイレをしない国作りを
しようとしています。

12億人の人口のうち半数以上の7億人がトイレを使って
いない(トイレがないから)のだそうです。

コレラの源流はガンジス川にあり

夕暮れ時にボートから眺めるガンジス川とヒンドゥー教の
聖地バラナシの町並みは幻想的です。写真でみると。

そして薄目でみないと。昼間のガンジス川の真実は。

ゴミ、ゴミ、ゴミの山。聖なる川ガンジスはどれだけ汚いのか
考えると気が遠くなります。生活排水。あらゆる動物(人間も含む)の
糞尿。火葬された人間の灰。

ガンジス川のほとりには火葬場がありますが、お金がないと
火葬できません。お金がない家族は遺体をダイレクトに
川に流します。

世界で最も汚染された川ランキングの5位以内に必ずランクイン
しているガンジス川。

遠藤周作先生の「深い河」は読みましたが内容を良く覚えて
いません。ここバラナシも舞台の一つでした。

宗教的なものはどうあれ、ガンジス川の水が超汚いことは事実。

そしてコレラの発生もガンジス川の下流にある、ベンガル地方や
バングラデシュあたりとされています。

 

災害などで極端に不衛生になるとコレラが流行することもある

南北アメリカ大陸にはコレラはあまりありませんでしたが、
2010年のハイチ地震でコレラが流行りました。

カリブ地方の国の中で最も貧しい国ハイチ。かろうじて
あったインフラが地震で破壊され、2018の現在でも
あまり復興していないようです。

コレラになるとどのような症状がでるか

もうそれは猛烈な下痢です。
それも液状便。体の水分が便と一緒に抜け出して
しまい極度の脱水症状となります。

病院に行かなかった場合の致死率は80%ほどに
なります。病院に行きさえすれば助かる病気ですが、
貧しい地域に住んでいて病院代が払えない場合は
死んでしまいます。

衛生的な国に住めている幸運とお水に感謝する

写真は仁淀川ブルーとして知られる高知県と愛媛県を流れる仁淀川。

私達人間は生まれる国を選ぶことはできません。
内戦中のアフリカや、食糧の無い北朝鮮などで産まれたくない
ものです。

トイレの無いインドなど不衛生さが死と直面していなければ、
生まれた環境に人は慣れると思うので、それほど不幸とは
感じないかもしれません。

周りが全て貧しければそこまで不満もなくこれが当たり前
かと思えます。

耐えられないのは貧民窟と高級マンションが隣り合わせで
裕福な暮らしを垣間見れてしまうことです。

写真はブラジル、リオデジャネイロ

このようにして世界を見渡すと、当たり前のように日本に住んで
いますけれど、衛生的で絶対貧困もすくなく、美味しいお水が
水道水からでる国というのは、どう考えてもやはり恵まれて
いますね。

時には感謝しないといけませんね。

ウォーターサーバー苦情!とか騒ぎ立てるの反省します><

 

木製台がついてインテリアに馴染むアマダナのウォーターサーバー

キッチンでなくリビングに置いて自慢したいアマダナのウォーターサーバー

amadanaウォーターサーバー

 - 水と健康