人間の一日の呼吸回数とお水の関係。代謝アップでダイエット!

私たち人間は一日2万回以上も呼吸をしています。

食事や水分は人間が生きていくうえで不可欠なものですが、空気はもっと重要ですね。食料や水がなくても数日は生きられますが、呼吸できないと数分で死に至ります。

アクアラングなどを装着せずに水の中を潜る、素潜りの世界記録は120m越えで息も4分以上止めているそうです。

わたし、ちょっとこれ書く前にストップウォッチ片手にやってみたのですけど52秒でした!まあまあなのかな?

呼吸を止めることの効果やメリットは脳を活性化させること

ヨガは普通は呼吸を意識して行うものですが、クンバカはあえて呼吸を止めるヨガです。

呼吸を止めることで集中力がついたり、止めた後深く空気を吸い込むことで脳に多く酸素が行き渡りよいそうです。

子供のチャレンジなどの勉強を見るときに計算十問とかは息を止めてやりなさい!とかの指導も効果があるかもしれませんね。

呼吸止めは自律神経を整えることもできるそうです。

呼吸を止めると苦しくなりとめ終わったら深く息を吸い込みます。

酸素吸入量があがるとリラックスと関係がある副交感神経が働くので自律神経が整い心にもよいのです。

気がついたときにいつでもできる簡単なやりかたは・・・

10秒かけてゆっくり息を吸い、10秒息を止め、10秒でゆっくり吐く。

これだけです。たったの30秒。ですが、本当にゆっくり吸わないと十秒もたずにこれ以上吸えなくなります(笑)ここだけポイントでしょうか。

簡単だしいつでもできますし、全くお金がかからないし、更に簡単にしようと思えば時間など測らずに適当でもよいのではないでしょうか。続けることの方が意味があるように思います。

あまりにも適当だと宜しくないので、ココロで10カウントするといいと思います。これなら時計もみなくていいし、場所も気にせずバスや電車の中など移動中にもできて便利です。

呼吸で代謝を上げるトレーニングは深呼吸です

トレーニングと書くとなんか大変そうですし、ヨガっぽくなってしまうのですが、日常で簡単にできるものだけ取り上げますね。

とにかく深く吸って、止める、吐く。の3つだけです。そして先程も書いたように3つの時間を同じにします。

要するに深呼吸です。

これだけで体の隅々まで酸素が行き渡り、結果代謝があがることに繋がります。

深呼吸だけで代謝があがりダイエットに繋がればそんなありがたいことはないです!

横隔膜を意識して呼吸することと適度に体を動かすことを組み合わせる

そして少し空間がとれるのであれば、その深呼吸をする際に胸を張ってみたり、吐くときに背中を丸めてみたり、ラジオ体操の要領で両手を上に上げて横からおろしてみるといいです。

横隔膜をあげるようにして呼吸することでくびれにも影響してくるようなので深呼吸しまくりたいです!

トップ画像のピンクビキニのお姉さんのようなナイスバディーになりたいものですよね?私、生きていて一回もなったことないですけど!

日に何回かは意識して呼吸や深呼吸を行えるように習慣化をなんとしてでもしていきたいです。

病気がちな人の多くは普段の呼吸が浅いそうなんです。

酸素が充分に体に行き渡っていないと様々な病気にかかってしまいます。

気付いたら深呼吸するようにしているとおのずと背筋も伸びて気分もいいです。

体に入る酸素の量を上手に調節できたら、あとはお水ですね。

体によい水を飲むようにしましょう!

お肌の健康はこの美顔ブラシで是非!