漢字の書き順や数字、アルファベットの書き順はなぜ大切なのか

漢字の書き順や数字、アルファベットの書き順はなぜ大切なのか

勉強できる子とできない子の違いはこちらのページで詳しく述べました。そこには書かなかったのですが、勉強できる子は文字の書き順が正しく勉強できない子は書き順がめちゃくちゃというのがあります。

大雑把にいうと「勉強できる」「勉強できない」の違いは「指示を守れるか」「指示を守れない」が関係しています。

ここで前もって言っておきたいことは指示を守れるから良い、指示を守れないから悪いとは限らないということです。それは勉強できるから良い、できないから悪いというわけではないということです。人それぞれ何が良いか悪いかなど簡単に決めつけられませんね。

それでも勉強できた方が良いと考える人のほうが多数派であることは否めません。

字の綺麗、汚いは成績と関係があるか

多くの小中学生を指導した経験からいいますと文字の綺麗汚いは確実に成績に反映しています。

字が恐ろしく汚いパターンは天才レベルで成績がずば抜けて良いか、目を覆いたくなるほど成績が悪いかの2パターンですが圧倒的に成績不良の場合が多いです。この2つの違いは自分の書いた文字を認識できるかできないかです。成績不良の場合は自分の書いた文字ですら読み取りできません。

そしてテストの時には採点者が読める程度に書くのが天才で、普段もテストも同じくらい汚い字で合っているのに字が汚くて(読み取り不可能で)はねられるのが成績が極端に悪い子です。

文字が綺麗であれば平均点以上である場合が多いです。女子の方が男子と比べて読みやすい字を書く子が多いので文字だけで成績を判断するのは男子生徒より難しいです。

女子生徒は同性の周りの目を気にしますので、綺麗に書くことを男子生徒より気にします。結果綺麗に書くことだけに集中して勉強が入らない子の割合は男子生徒より多いと言えます。

あくまでも個人的な意見ですが、教育者は概ね同じような見方をしているようです。勿論例外も山のようにあります。

書き順がむちゃくちゃなのは小学校低学年で躓いた可能性がある

指示を守りたくない個性の強いお子さんであるか、授業に集中できない何らかの疾患がある、親御さんが子育てや教育に全く無関心など、様々な要因でスタートダッシュの小学校1年生から躓いた可能性があります。

冒頭にも書いた通り、指示が守れないから悪いというわけではありませんが、指示を守れないと勉強の理解は遅れてしまうのが一般的です。

書き順通り、つまり漢字のルールや指示を守れていないということは成績不良に陥りやすいと言えますし、このような初歩で落ちこぼれているとその後は雪だるま式に勉強に関してはわからないことだらけになってしまいます。

100%書き順が正しい人などはそんなにいないでしょうけれど、あまりにも全ての書き順が無茶苦茶であることは勉強に置いてはかなりの不利益が生じていることでしょう。

漢字の書き順が目茶苦茶な子供は数字やアルファベットの書き順も目茶苦茶

見た目が正しい書き順で書いたものと同じであれば問題はないと言えます。しかし書き順が違うせいで見た目が変わってしまう文字や数字があります。

例えば数字で言えば0と8です。

0は時計の12時の位置を起点に反時計回りに書きます。○☓の○は6時から時計回りです。数字の0を書くのに○☓の○の書き方の子がいます。綺麗な丸い円を描ければ書き順のミスはバレませんが正しい場合は上に隙間が、間違っている場合は下に隙間ができてしまいます。

8の場合は正しいのは右で隙間ができるとすれば右上ですが、間違っていると左上にできてしまいます。

ですから0と8の書き順ミスは見た目でバレてしまうのです。中学生になっても、何度指摘しても治らない生徒もいます。

漢字の書き順が全ておかしい場合はもう修正は無理と諦めますが、0と8は本当に恥ずかしい思いを大人になったらすると思うので絶対に治して欲しいです。大人になったら間違いを指摘してくれる人は子供時代と比べてぐっと減ります。

数字を書いただけで「ああこの人馬鹿なんだなあ」と決めつけられることは避けたいです。

アルファベットの0なども見た目で書き順を間違えていることが分かりますが、アルファベットを書く機会は数字を書く機会に比べて圧倒的に少ないので数字ほど気にする必要はありません。

様々な社会生活の中で数字を書くことは契約書や領収書など数え切れません。0と8だけは最低限正しく書いて欲しいです。

人を勉強のできるできない、学のあるなしで判断する行為は全く褒められるものではありませんが、世の中にはそのような人たちも一定数いることは否めません。

書き順を守ったほうが綺麗な文字を書けることが多い

漢字の正しい書き順を守ることのメリットはより美しい文字が書けること、速く書いても美しさを保てること、このくらいでしょうか。

人に読んでもらわなければならない時はできるだけ綺麗な方が望ましいですね。

自分だけが読めれば良いので速く書くことがより効率的で重要であると考える超頭の良い人もいますけれど。

社会生活をスムーズに送るためにもある程度字が綺麗な方が生きやすいということもあるように思います。

しかし字が汚いからといって人間性まで否定されるようなものではありませんし、そうあってはなりません。

書き順が無茶苦茶になってしまって中学生に突入してしまった場合直すのは最早無理と言わざるを得ません。無理に直すのはストレスだけがかかりあまり意味があるようには思えません。でも0と8の2つの数字だけでも正しい順番で書くことくらいなら修正可能ではないでしょうか。

お子さんがこの2つの数字を間違って書いている場合は根気よく直るまで指摘し続けるようにして欲しいです。

幼児・小学生用の最強英語教材はこちら