中学一年の方程式計算がわからない。方程式応用問題はもっとわからない

小学校の算数で躓いていると中学の数学ができるようになる可能性は低いです。この記事は現在小学生のお子様を持つお母様に向けて書いています。

方程式の計算は問題に=が書いてある!

上の問題にも問題の中に=が書いてありますね。これが方程式だよ!という合図です。

方程式の場合は左辺と右辺に同じことをする。というのが基本です。そして両辺、右辺、左辺、という言葉に難しさやアレルギーを感じるようですと学校の授業もそこからちんぷんかんぷんになります。

用語くらいはきっちり覚えましょう。

普通の計算と方程式の計算の区別がつかないから、少数の普通の計算で勝手に10倍したり、分数の方程式計算で通分したりする生徒がいます。

普通の計算と方程式の計算をランダムに並べてどちらか当てさせる

2x+3、3x+4=5 などの問題を少数、分数入り乱れさせてランダムに並べたシートを見せて普通の計算か方程式か答えさせる練習をどれだけ問題を解かせてもミスする生徒には定期的に出していました。

問題を計算して解かせるのではなく、方程式か否かを判定させるというとんでもなく難易度の低いものです。

このような話をすると「え?そんな子本当にいるの?」と教育熱心なママは信じられないといいますが、普通にそこらに大勢います。

もう完全に日本は格差社会になっているのをこんなことろでも感じます。

方程式の計算はできるが応用問題ができない子に効く参考書

方程式の計算はなんとかできるけれど応用問題は全くお手上げというような生徒さんが自力でなんとか理解できるようにプロ家庭教師の方が作った参考書になります。

数学のワークなどの解説は低レベルの子に合わせると紙面が足りなくなるので中レベルの子に標準を合わせて解説が作られています。

このテキストは実際に家庭教師が隣について教えてくれるような内容になっていて学力の低いお子さんでも良い家庭教師の授業と同等に優しく噛み砕いて教えてくれています。

親御さんが教える場合のヒントにもなります。

しかしくこれも公文式のところでお伝えしたことと同じで、お子さんにこのテキストを買い「良い教材だから自分でやっておいて!」と渡しておくだけではどうにもならないと思います。

いくら親切なテキストであれ、お子さんにやる気がなく独力で読み解いていくような根気がない場合は宝の持ち腐れとなりますし、学力の低いお子さんだとほとんど挫折するといっても過言ではないでしょう。

どうかお子さんとご一緒にこのテキストに取組んでみてください。

小学生の遅れを取り戻すことがいかに大変なことであるか

仮に方程式の計算はなんとかできたとしても、小学校の割合や速さが分かっていないと方程式の応用問題は解けません。理科の濃度や飽和水蒸気量、地震の速さの計算や化学の簡単な対比計算もできません。

ですから小学生の算数の遅れを取り戻さない限り、数学は勿論理科の化学物理地学領域の計算が全て壊滅的となってしまいます。

遅れを取り戻さないといけない!と本気で思える子はこれじゃいけない!と自分で気付き、強い危機感に襲われなんとかしないといけない、そして本当になんとかする子です。そんな子滅多にいませんね。

中学に入ると部活は始まるし、小学校の勉強は理解していることを前提に進められる授業は毎日あり、都度不明な点がでてきても自分で解決する能力はなく、雪だるま式にわからないことだらけになってしまいます。

こんな状態になっている子どもに私は言いたいです。数学で勝負するなと。

理科は生物を頑張れ。社会は地理か歴史か好きな方を頑張れ。英語は単語だけ頑張れ。それでも駄目ならなんでもいいから一教科だけ頑張れと。

子どもが勉強できないのは親のせいがほとんど

このブログでもいつも言っていることなので長く書きませんが、幼児期から潤沢に教育にお金をかけて育てた子供と中3受験期夏休み明けになって初めて塾に通わせる子供の学力が同じわけがありません。

1)将来困らないでほしいから高い学力がつくように育ててきた。
2)忙しいし手はかけてこなかったけど高い学力でいてほしい。

そうなるように育ててこなかったのに高い学力を期待する2は図々しいと言われても仕方ありません。

そういう風に育ててこなかったのに子に期待するのは子供がかわいそうです。できる子と比べたり。

戦う土俵を間違えてはなりません。勉強できないのに勉強で勝負しようとするのがいけないのです。

勉強以外の場所で勝負すればよいのです。子供の可能性は無限大です。

通信教育はチャレンジより○○○